ケビン・リチャードソンという動物行動学者の運営する私設自然保護区、
『ライオン・パーク』での出来事です。

20150707172154

人がたくさん乗った車に、ライオンがちょっかいをかけ始めました。
人々がケビンに助けを求めるのですが…


         


人がいっぱい乗った車をライオンの群れが追いかける動画です(2:33) 



サイドミラーをいじり始める雄ライオン。興味本位の行動ですが
肉食獣のこのような行動は攻撃に転じることもあります
20150707172217


ケビンが制止して、一度はおとなしくなるのですが
20150707172317

ふたたび車にちょっかいを出し始める
ボンネットを叩いてケビンが制止しても止まりません 
20150707172354

この車は立ち去った方がいいと判断して指示するケビン
スイッチが入ってしまったライオン、車を追いはじめる
20150707172414


左手から雌ライオンが現れて追跡に参加
20150707172443

 
雄ライオンが足止めしている間に車に迫る雌ライオン
20150707172449

フルスピードで逃げ切ろうとする車
右手から三頭めのライオンが登場し、完全なる狩猟追跡の体勢に
20150707172533


土煙を上げて逃げる車をガンガンに追いかけていくライオンたち
20150707172618


何とか車は逃げ切ったものの
20150707172641


手前の雌は憤懣やるかたない様子で、ケビンにやつあたり
20150707172648


まぁまぁ、落ち着けよ
20150707172653

ケビン・リチャードソンはライオンと会話できる男、という売り文句で
子どものころから育てて慣れたライオンの群れを私設自然保護区に放し
ライオンと戯れる場面などを動画にして流しています 
南アフリカのムツゴロウさんみたいな人です

ケビン・リチャードソンとライオンに関する以前の記事はこちらからどうぞ

 

この動画を見た海外の反応をご紹介します

●いつか、このガイドは襲われると思うよ。動物たちは予測不可能だ
野生動物は野生動物として扱うべき

(投稿主)
↓●ケビンはライオンともう20年も一緒に仕事してるんです
彼はいついかなる時も彼自身と他の遭遇者を
ライオンから守ることができます
(ライオンウィスパー・チームより) 

●ライオンはミラーで自分の素敵な髪型を確かめたかったんだろ

(投稿主)
↓●ハハハ。彼のたてがみはいつだってかっこいいですよ!
(ライオンウィスパー・チームより)

●この車に乗ってたとしたら恐怖で叫んでると思う

●ライオンは車を運転したかったのに違いない

↓●車を売りたかったのかもしれないよ
長い事吠えてたし、大きな声でアピールしてたし
カーディーラーって皆そうじゃん

↓●ミラーは攻撃の始まりに過ぎない。数日たったらまた襲いに来るぞ

↓●それは肝に銘じないといけないね

●ライオンに指図してるよ。この人は神?

●ライオンが慣れてるんだ。ケニアに来てこれをやったら数秒であの世行き

●ライオンとの間に信頼関係があるってかっこいいな

●これは『攻撃』とは呼べないんじゃない?

↓●そうだよね。本当に攻撃されたら何も残らないはずだよね

↓●一頭のライオンが足止めして他のライオンが獲物にとびかかる
包囲攻撃と呼ばれる攻撃だよ
通常は、もしこんな感じで追いかけられた場合は
あなたを食べようとしてるんだと理解したほうがいい

●動画の最後のほうでライオンの頭叩いたよ!?
この人はすごい勇気があるな

↓●彼はこのライオンたちを子供のころから育ててるんだ
だからライオンは攻撃しない


子どもの頃から人に慣らされていると言ってもライオンはライオンなので
このようにきちんとした追跡と攻撃のフォーメーションを見せることもあります
彼の保護区の面白いところはこういうのを公開してしまうところです