シカゴのブルックフィールド動物園でナマケグマが初めて生まれた時の動画です。
双子で、生まれたのは1月だったのですが、大事をとって5月に公開しました。

20150703220417

お母さんグマの被毛はモフモフで独特な外見をしています。
ナマケグマの特徴である、背中に子どもを背負う行動も見られます。


         


ナマケグマの親子の動画です(2:02) 



どこまでがお母さんでどこからが小グマか分からないほど
モフモフの豊富な毛量
20150703220454

約4か月たっている割には小柄な子グマたち
成長はゆっくりのようです
20150703220427

自然環境ではシロアリやハチミツなどを好むと言われます
すくすくと成長して本能にもとづいた行動をしていますね
20150703220443

1頭の子グマはあまり母親の背中に乗らず
どんどんひとりで歩き回っています
20150703220750


お母さんに、あいさつ
20150703220847

『さあ、行くわよ』 とお母さんグマ
ついては来るのですが、背中に乗るのは1頭だけ
20150703220931

きっと新しい世界の探検に夢中なんでしょう

ナマケグマのお母さんは、子どもの体重が自分の1/3くらいになるまで
頑張って背中にのせて運ぶそうです
この行動はナマケグマ特有のもので、他のクマではあまり見られません
寿命は30年ほど。
今年、円山動物園で飼われていた一頭が死亡したことで
日本には現存する個体はいなくなりました(参考→共同通信 記事 ナマケグマ Wikipedia) 


この動画を見た海外の反応をご紹介します

●実際に見にいくのが今からたのしみ!

●これは見てみたいね

●なんというクソかわいいやつらだ!:-P

●父さん母さんに前足(PAW)いっぱいの愛を注がれて
大切に育てられているんだね。いい動画だ

●ナマケグマについて初めて知ったけど、子どもたちが
何の不安もなく元気に育っているようで何より!
お母さんの毛皮がとてもきれいだな…
世話をしてる人や種の保護活動をしてる人に感謝したい
私は太平洋北西岸に住んでいるので、すぐ見に行けるわけではないから
あなたの動画がとてもありがたいよ

●クマのバルーみたい!

↓●間違いなくバルーだね。どうやって入り込んだんだろう?

ジャングルブックに出てくるナマケグマのバルー
Diamond_baloo

(画像引用元:The Disney Wiki) 
"Appearance"の項目にちゃんと"Sloth Bear"(ナマケグマ)とあります

●ナマケグマはとても獰猛なんだぞ!
ちょっかい出しちゃだめだ
小グマはムリでも母グマが人を倒したらエサにされるぞ 

●ナマケグマはインド亜大陸に生息している
ジャングルブックのバルーもナマケグマだ
グリズリーやホッキョクグマと違って基本的におとなしいが
テリトリーに侵入してくる場合、人に対しても攻撃することがある
ジブシー達の見世物として飼い慣らされていた時期もあるが
インド野生生物条例によって禁じられた
とてもきれいな動物だよ

●BBCの番組で見たけど、その時見たのはなんだか汚らしい感じだった
こんなにフカフカしたかわいい動物だって初めて知ったよ




性格はクマの中では比較的温和、個体によっては人になつくといわれます
しかし生息地インドでは多数の人が襲われた事例も報告されていて
クマとしての一般的な危険性は認識する必要があるようです