ヨセミテは野生動物の名所です。ハイキング客たちが見ているのは
道路上で無邪気に戯れる子グマの兄弟。

20150424215228
 
近くにお母さんグマもいますが、食事に夢中の様子です。



         


道路上でクマの兄弟が遊ぶ姿を眺める人たちの動画です(1:25)


クマの母親は冬眠中に子どもを産みます
春先は疲れ果てているため、体力が回復するまでは時間がかかります
20150424215250

この子グマたちはまだ離乳前なので、お母さんが食事をする間に
ヒマなので遊んでいて、観光客のいる道路に出てきてしまったのでしょう
20150424215326

ヨセミテはアメリカ国内有数のハイキングの名所ですが
必ずクマにでくわすとは限りません。
20150424215215

たまたま子グマを見かけた人たちは興奮して動画をとったり、
なかには車の外に出て見物する人も 
20150424215242


最後にはお母さんが子供たちをつれて森の奥へ帰っていきました
20150424215410

 
この動画を見た海外の反応をご紹介します

●クマを見れるなんてラッキー!

●ニュースからきた。子グマのとっくみあいが愛らしいね

●まだほんとうの赤ちゃんだな

●アメリカはロシアの次にクマの多い国だけど
こんなやせ細った子グマは見たことがないよ。かわいそうに

●1頭はまるでチュパカブラみたいだね

●子供の頃大きくなったらクマになりたいと思ってた XD

●かわいいさのつまった1分25秒

●こんな道路の真ん中に小グマが出てくるなんて正常じゃない
エサが足りないとか何か深刻な事情があるんだよ
片方の子グマは疥癬にかかっているようだし

●クマがいつでも襲ってこられる距離で、小グマがいるところへ出ていくなんて…
信じられない。本当にまずいよ。頭上にクマの一撃がきたかもしれないんだぞ

↓●時速30マイル(約49キロ)でね

●たしかにラッキーだったな
母グマが弱ってなかったら死んでた

●『こっちにおいで』だって
お母さんグマに誘拐犯と思われても文句は言えないよ

●クマの出現に驚く人がいるということに驚いている
これが現代か

●これは仕込みなんじゃない?

●もちろん仕込みさ。人が子グマにひきつけられている間に
他のクマがこっそりとピクニックバスケットを盗んでいくって寸法だよ




冬眠あけで出産したばかりの疲れてはてた春先の雌グマならば
何かあってもそれほど大事にはいたらないとおもいます
致命的な羆害のほとんどは夏になって熊が体力を取り戻してから起きます

これからの時期、餌場となる水辺や林の中などで
銃もナタも所持していない場合、遭遇は非常に危険です
野生動物を観察するときは、適切な距離をとって安全を保つことが大切です



心動かす、新発見を spotlight

オススメ
オオカミの群れに囲まれたカメラマン!撫でて欲しそうなオオカミたちのキスの嵐!
驚くべきイヌの愛情!ベビーシッターをするイヌが飼い主の要求以上にするお仕事、それは赤ち・・・

イヌたちの活躍!

コップが頭から抜けないネコが困っていると大きなニューファンドランド犬が助けてくれた!

イヌ&キツネ!
寒い冬の日には・・・イヌが自分のベッドを暖炉の前へ持って行ってのんびりくつろぐ
散歩をするとキツネがついてきた!野生のキツネと散歩をする情景を収めた動画が和む


こちらでライターをさせて頂いております
よろしかったら、こちらもご覧ください
よろしくお願いしますm(__)m