ヘラジカが2頭、ゆったりと歩いています。

20150315092552


向こうからサイクリング中の男性がやってきました。
しかし行く手は2頭のヘラジカでふさがれています。
さて、これからどうしよう?

 

         


サイクリストがヘラジカと遭遇する場面の動画です(1:15)



ヘラジカ、停止。サイクリストも停止し、ガードレールに寄って待ちます
20150315092645


ヘラジカ、静かに近づき始めます
20150315092658


そーっとガードレールを越えて退避。どうかこのまま通り過ぎてくれます様に…
20150315092755


1頭のヘラジカが自転車に興味を示し、詳細に調べ始めます。 近い!!
お願い暴れないで、通り過ぎて下さい…
20150315092817


やっと通り過ぎてくれた。遠ざかるヘラジカを見守るサイクリスト
20150315092929


ちなみに、車の場合、ヘラジカは黒褐色の見えにくい体色と巨大な体躯などから
衝突事故の危険性が非常に高く、その重量でエアバッグを突き破ることも多いため
ヘラジカとの衝突を想定したヘラジカテストを設けている国もあるとか
参考→wikipedia


この動画を見た海外の反応をご紹介します

●この男性はこういった遭遇に対する正しい対応をしていますね
彼らの進路をあけてやり、手を降ろしてリラックスして、通り過ぎてもらうのを待つ

↓●その通り。ヘラジカを驚かしてはいけません

●コロラドに住んでいて、よくヘラジカを見るけど
ヘラジカってやつはマジでクソ野郎だぜ。人とみれば襲ってきやがる
どのヘラジカもこんなふうに遣り過ごせるとおもったら大間違いだ

↓●うちの近くにもヘラジカはいるけど、クソ野郎ってほどじゃないよ
子連れのヘラジカに遭遇してお母さんに追い回されたりはするけど
でもそういうことって理解が及ばないことじゃないし

↓●友達がヘラジカに車を破壊されたことがある

↓●オスのヘラジカは機嫌が悪いとそれはそれは酷いけど、これはメスだから

↓●私もコロラドに住んでいる。ヘラジカはビビリなだけだ
驚かせないように避けて待機する、この対応で問題ない

↓●北欧のヘラジカはシャイだよ。あまり酷い話は聞かないな

↓●おかしいのはアメリカとカナダのヘラジカだけか

↓●カナダの自然環境がdisられてると聞いて

↓●お門違いだ

●ヘラジカ:『それは2010年のクロコダイル社製29型だね。いいサイクリングを』

●動物に配慮した運転は大切だね

●ちょっと待って、ジェフ。スパンデックス着た人間と車が何台か近づいてるよ
人間は止まったけど、どうしよう?

俺についてこい、ピーター。そおっと通り抜けるんだ

気を付けて、ジェフ。この人間は繁殖期で気が立ってるかもしれない
驚かせたらだめだからね

ピーター、やつはガードレールを飛び越えたぞ!

ちょっとニオイを嗅いでみなよジェフ。なんか臭くない?
こんなところ早く行くに限るな。通り過ぎよう…

●スウェーデンにおいては日常のこと

●ゆっくりしたボディランゲージで害意がないことを知らせている
自転車の人にイイネ2つあげたい

●まだ若いヘラジカだね。年齢がいくとこんな道路に出てはこないよ

●かつてヘラジカと仲良くなろうという馬鹿な事を考えたことがあった






ヘラジカの元来の気性については各論あるようですが
驚かしたら絶対にダメ、という認識は世界共通のようです


心動かす、新発見を spotlight

オススメ
●ラジコンヘリでカンガルーを空撮してたら、カンガルーに撃墜される瞬間映像になっちゃった!
トルコのガス会社のCMが奇抜!「働き者イヌ編」と「いたずらネコ編」が爆笑必至!

リスとジャイアントパンダ!
●ジャイアントパンダの子供がホウキを離さない!飼育員とホウキを巡ってかわいい攻防

ペンギン&キツネ!
●助けたキツネをペットに!男性とキツネの友情が素晴らしい
●南極で横になってみたらペンギンの赤ちゃんがお腹の上にジャンプしてきた!


こちらでライターをさせて頂いております
よろしかったら、こちらもご覧ください
よろしくお願いしますm(__)m